水回りを快適に

集合住宅であるマンションは自由にリフォームを行うことができないと考えてしまいがちですが、そんな心配をする必要はまったくありません。マンションであっても自分の好きなようにリフォームを行うことは可能なのです。マンションのリフォームの中でもっとも簡単に行うことができる場所には、トイレがあります。
トイレのリフォームを行う最大のメリットとは何かというと、まず節約効果を発揮することができます。従来から使用されているトイレと現在新しく使用されているトイレでは、水を流す際に必要な水の量が変わってきます。
10年以上前から同じタイプの便器を使用しているという場合は、新しいタイプに変えることによって一回でおよそ10リットルもの節水を行うことができます。

住宅の水回り設備の寿命は得にジ早くなっているのですが、トイレにおいても寿命はあります。この寿命とはどの程度の期間かというと、便器自体の寿命は50年前後持ちます。しかし便器に繋がっている配管類やパッキンなどの寿命はそこまで長くはなく、基本的に20年以内では寿命が来てしまうことがほとんどです。
便器を新しく交換することを考えるのであれば、最新式の種類を選択することが最適です。最新式の便器には種類によって様々な機能が備わっています。その中にまず汚れにくいという種類があります。便器の中で掃除をしにくいフチなどの部分は、通常であれば汚れやすい部分です。しかし最新式の種類ではこのような部分にも汚れが付きにくくなっています。
また、種類によってはウォシュレットなどの高機能な設備が備わっている場合もあります。ほかにも消臭効果や便座のオート開閉機能などが付いている場合もあるので、好きな種類を選択することができます。
人気の高いフォシュレットですが、このウォシュレットにも種類があります。温かいお湯が出てくるウォシュレットには、お湯を温めておく貯蓄式と使用する際にお湯を温める瞬間式などがあります。使用状況を考えて、より便利な方を選択することが大切です。

便器というと従来のタイプではタンクも手洗い場も備え付けられているということがほとんどです。しかし現在はタンクが存在しないタイプの便器も存在します。
タンクをなくすことによって、手洗い場を別に設置する必要がありますが、トイレの内装の自由度がより高くなります。

オススメ情報

台東区でリフォーム業者を呼ぶなら:理想のリフォームを実現する業者カタログ【台東区版】

トイレのコーティングも評判の業者に依頼しよう|水回りコーティング口コミサイト

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

March 2015
M T W T F S S
« Jul    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031